普段はノートパソコンを使用している私。

モニター画面が低くて姿勢が悪くなってしまうため、ノートパソコンを高い位置に設置して、外付けのキーボードを使って作業しています。

 

が!

安~い(400円くらい)のキーボードを買ったら、文字が剥げてきちゃいました。。。

でも、テプラで応急処置した結果、思いのほかいい感じになったのでご紹介します!

 

 


スポンサーリンク

やるな。。。400円の外付けキーボード

取りあえず文字が打てればいいかと思って、パソコンショップで買った400円の外付けキーボード

BUFFALOの物なのですが、思っていたより使いやすい!

かれこれ3か月ほど、愛用しています^^

 

でも、安いせいなのかキーボードの文字が剥がれてきちゃって。。。

タイピングは感覚的に覚えているので文章を打つ分には支障はないのですが、パスワードを入力する時に困るわけです。

 

ローマ字入力で文字は打てても、単独でアルファベットがどこにあるのかは覚えていないという。。。

「あれ?Nどこ?Oどこ?」ってなります。。。

 

そんな私の様子を見て、主人が一言。

「油性マジックで書けば?」

 

油性マジック。。。^^;

それはちょっと嫌やな(心の声)と思ったのですが、消えた文字を復活させればいいのだということに気が付きました

ありがとう、主人。

 

 

さすがテプラ!消えた文字を難なく復活

そこで使ってみたのがテプラです。

テープ幅12mmのものなら、キーボードより一回り小さいくらいでピッタリ^^
前回の記事でお伝えしたトリマーを使って、角丸仕上げにしています。

 

さっそく印刷して貼ってみました。

それがコチラです。

キーボード

右側の「み」「も」「の」「>」「変換」部分をテプラで復活させました。

意外と違和感ないと思いませんか??^^

写真はライトで反射していますが、自然光の下で見るとキーボードとテプラの色の違いはほとんどありません♪

 

このキーの文字が消えたってことは、ここら辺のキーをよく使うってことなんでしょうね。

たしかに「ん(N+N)」とか、よく使うかも。

 

 

ひらがなの「く」が大活躍

テプラだと記号は半角表示になります。

実際に見てもらうと分かりやすいと思うのですが、消えてしまった「>」をテプラで復活させようと思うと、こんな感じになります。

キーボード

左側が実際に貼ったシール、右側が当初貼ろうと思っていたシールです。

右側が、半角の記号「>」なんですけど、なんだか変じゃないですか??物足りないっていうか^^;

 

そこで、ひらがなの「く」を印刷して、逆さまに貼ることにしました!!

。。。記号の「>」ではなくて、ひらがなの「く」で代用です(笑)

 

でも、この方が自然に見えますよね~^^

キーボードの「>」の文字が消えてしまった時には、ぜひ平仮名の「く」で代用してみてください!! (少数派だと思いますが)

 

テプラ、1台あると便利ですよ~!

他にも便利な使い方を見つけたら紹介させていただきますね^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告