引越しする前は、ドラッグストアやスーパーが徒歩圏内にあったので、ストック用品は持たない主義でした。

ストック用品のスペースに、家賃を払うなんて勿体ない!と。

でも。。。

引越し先は、スーパーまで車で10分~^^;

ストックを持たないわけにはいきません!

今回は、我が家で実践している「ストック類」の収納方法をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク

サイズが揃っているから便利!「無印良品」の収納アイテム

ストック用品の収納に使うのは、無印良品のポリプロピレンストッカー

無印の収納用品

無印良品の収納アイテムは、サイズ展開がいろいろあり、組み合わせも自由自在です。

我が家は、洗濯機横に置く予定だったので「奥行き44.5cm」のものを使いました。

 

 

収納アイテムは2個単位で買うのがお得!

収納ケースをお得に買うポイントはこの3つです♪

 ・店舗で購入する

 ・2個単位のまとめ買い商品を買う

 ・ロハコなど別途送料が加算されない店舗で買う(まとめ買い割引はない)

 

ポリプロピレンストッカーは1個当たり1000円~1500円ですが、2個まとめ買いするとちょっぴりお得になります。

1200円のもの2つを買うと2400円ですが、まとめ買いなら2285円。

 

ちなみに、私が調べた限りではどこで買っても値段は一緒です。

 

ただし、公式サイトで買うと収納ケース1~2個当たり、送料500円が加算されます

2個まとめ買いで値引きされるのは100円程度なので、送料500円加算されちゃうのはもったいない~^^;

大きいのでかさばりますが、お得度を考えるなら店舗購入しましょう。

 

 

収納はラべリングでスッキリと!

ポリプロピレンストッカーは半透明タイプなので、中に入れたものが見えます。

中に入れたものがわかる!というのがメリットでもあるのですが、私は隠す派。

中身が見えると、キレイに入れないとゴチャゴチャ感が増すので。。。

整理収納が得意な方なら見せても綺麗ですが、ズボラな私は隠すのが一番^^;

 

こちらが、ラべリング前

ポリプロピレンストッカー

うっすら中が見えますよね。

 

で、こちらがラべリング後

無印の収納ケース

 

どうですか?

中が見えない&ラべリングの書体を統一することで、スッキリ感が出ますよね^^

 

ラべリングは、A4の紙にプリンターで文字を印刷しただけです。

印刷した紙をポリプロピレンストッカーのサイズに合わせて切って、両面テープで上下を貼ります。

両面テープは「ナイスタック」、一番細いものを使っています。

ラべリング

これだけで完成~。

印刷&貼る手間がありますが、1回作っちゃえばずーっと使えます。

子どもが寝静まった後、一晩だけ頑張ってください(笑)

 

必要に応じて買い足せるので、ストック用品の収納を考えている方は是非お試しあれ♪

 
スポンサーリンク

関連記事/広告