以前、コスパがよくて美味しいよつ葉のバターをご紹介しましたが、もっと美味しいモノ見つけちゃいました!!

発酵バターが美味しい理由や、美味しい使い方をご紹介します♪

 

 


スポンサーリンク

発酵バターと普通のバターの違い

「発酵」とつかないバターと、発酵バターの違いは作り方。

同じバターという名称ですが、作り方が違うだけで、完成品の風味が全っ然違うんです。

 

普通のバターは、牛乳をクリームと脱脂粉乳に分離させて作ります。

発酵させないので、非発酵バターとも呼ばれます。

 

一方、発酵バターは、クリームに振動を与える前に乳酸菌を加えて発酵させます。

製造過程で乳酸発酵をすることにより、芳醇な香りとコクを生み出しているそう。

発酵させることで、バターの風味や香りが格段にUPしています。

 

乳酸菌を加えて発酵させているからなのか、バター独特の甘みの中に、さわやかな酸味が感じられるものもあります^^

発酵バターは、製造メーカーによって全然風味が違うので、食べ比べてみても面白いですよ。

 

 

いいとこどり!塗り心地はマーガリン、味は濃厚バター

今回オススメしたいのが「パンにおいしい よつ葉発酵バター」。

四葉発酵バター(有塩)

 

「パンにおいしいシリーズ」はもう1つあるのですが、見た目の違いはパッケージに使われている色。

発酵バターが紺色なのに対し、非発酵バターの方は緑色です。

 

食べ比べましたが、美味しいのは断然こっち!!

よつ葉のバター全般に言えることですが、北海道産の生乳100%使用です。

 

でも、バターって冷蔵庫から出したてだと固くて塗りにくいですよね。

室温に出しておけば柔らかくなりますが、朝食にすぐ食べたい!って時はカチカチ。

柔らかいパンに塗ろうものなら、パンはつぶれてボロボロに。。。

 

その点、こちらの「パンにおいしいシリーズ」は見事にカバーしてくれています。

「パンに」というだけあって、塗りやすいんです。

塗り心地はマーガリン並。

発酵バターをホイップしてあるので、バターナイフでもスーッとすくえちゃう。

 

いつもバターは10gずつにカットしていましたが、こちらは包丁いらず。

このままの容器で食卓に出して、ふわふわパンをつぶすことなくバターを塗ることが出来ます

 

 

発酵バターを入れるだけで普段の料理がレベルUP!

このままパンに塗るだけでも絶品の発酵バター。

お料理やお菓子の味も、レベルUPしてくれちゃいます。

 

例えばグラタン。

グラタン

ホワイトソースを作る時のバターを発酵バターにするだけで、濃厚なお味になります!

ハインツのホワイトソース缶を彷彿させるような濃厚さです♪

 

あとは、ダッチベイビー。

ダッチベイビー

焼く前にスキレットに発酵バターを10g入れて焼くだけで、焼き上がりの香りが超リッチ!!

子供たち、オーブンの前から離れません(笑)

 

オススメなのがポテトサラダの隠し味。

ポテトサラダ

じゃがいもが熱いうちにバターひとかけらを加えるだけです。

これだけで風味が格段にUP。

いつものポテトサラダが、なんかおいしい!に変身する裏技です^^

 

発酵バターはとにかく便利。

いつものバターの代わりに使うだけで料理の仕上がりを底上げしてくれます!

スーパーで見かけた方は、ぜひお試しを。

 
スポンサーリンク

関連記事/広告