お肌の状態を左右する、毎日の洗顔。

皆さんは、どのような洗顔料をお使いでしょうか?

固形タイプの物、ペースト状の物、液体の物、泡状の物・・・いっぱいありますよね。

仕上がりも様々です。

今回ご紹介するのは、お馴染み「牛乳石鹸」!

 

アラサーの私ですが、使ってみてイイ!!と思いましたので、紹介させていただきます^^

 

 


スポンサーリンク

牛乳石鹸「赤」と「青」の違い

たいていのドラッグストアに置いてある牛乳石鹸。

もはや、定番アイテムですよね。

子供たちの幼稚園では、手洗い石鹸は「牛乳石鹸」指定です。(1年に1回、1人2個ずつ持っていくのです)

 

さて、この牛乳石鹸ですが、パッケージの色が2種類あります。

赤色と青色です。

バラで買うと、青色の方が80円前後、赤色の方が100円前後といったところでしょうか。

 

この違いは、製品コンセプトにあります。

赤色の方は「しっとりすべすべ」。

青色の方は「さっぱりすべすべ」。

 

赤色には、うるおい成分でおなじみスクワランが配合されているので、泡がクリーミー^^

もちっ!と弾力のある泡が簡単にできちゃうんです。

 

 

人に話したくなる!ちょっと裏話

牛乳石鹸は、もともと昭和3年に大阪で誕生しました。

実は、当時は赤箱しかなかったんだそう。

そこから全国に牛乳石鹸が広まっていく過程で、さっぱりした使用感の青箱登場。

関東圏では、青箱がたちまち人気になったそうです。

 

今でも、関西圏では赤箱、関東圏では青箱が多く販売されているんだとか!

私の住まいはちょうど中間の位置なので、どっちも同じ人気度かな?

皆さんの地域、青箱と赤箱、どちらが多いでしょうか?^^

 

 

アラサーママが洗顔に使うなら「赤」!

私が洗顔に使っているのは「赤」です。

牛乳石鹸

青色だと、顔の油分を奪い過ぎちゃうし、泡が大きめなので肌をこすっちゃうんですよね。

その点、赤色はもっちり泡だから、顔をこすっちゃう心配ナシ。

 

体用の石鹸で顔を洗ったらつっぱるんじゃない!?

と思われるかもしれませんが、大丈夫でした。

スクワランのおかげなのか、お風呂上りのツッパリ、私は感じませんでした^^

 

我が家は、体洗いに牛乳石鹸「赤」を使っています。

ある日、うっかり洗顔用フォームを忘れてお風呂に入っちゃったんですよね。

でも、洗面所まで取りに行くのもなぁ。。。と思って、「1日くらいなら大丈夫かな!?」と恐る恐る牛乳石鹸で顔も洗っちゃったというわけです^^;笑

体用の石鹸で顔を洗うなんてタブーだと思っていたので、結構ドキドキでした。

 

が!!

「あれ?なんか、洗い上がりの肌、いいんじゃない?」

 

肌調子がいい時期でもあったので、お試しに1週間くらい継続してみました。

すると、生理前にできていたニキビも出来なかったんですよ~。

 

いつも使っている洗顔が1つ3000円。

一方、牛乳石鹸100円。

 

私のお肌には、牛乳石鹸100円の方が調子いい!!

成分を見ても牛乳石鹸ってすごいシンプル。

いろいろな添加物がない分、お肌にも刺激がなくていいのかもしれないですね^^

 

お手頃価格で、体も顔も洗えちゃう牛乳石鹸。

肌タイプにもよるので、すべての人が顔に使えるとは言えませんが。。。

 

でもね!

自分の肌に合ったらラッキーですよ~♪

お肌が元気になって、その上、節約できちゃう!

よかったら試してみてくださいね^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告