何度か記事でもお伝えしていますが、私、チョコレートが大好きです♪.

1日1~2粒のチョコレートと挽き立ての珈琲を飲む時が、至福のひと時~^^*

 

今回は、前回お伝えした「ロシェ」より美味しいチョコレートを見つけたので、報告します!

 

 


スポンサーリンク

ル・コルドン・ブルー プロデュースのチョコレート

「おいしそうなチョコレート見つけたよ~!夜食べよ~!」

。。。と主人が買ってきてくれたのが、こちらのチョコレート。

(仕事帰りにちょくちょく買ってきてくれます^^ 夜にチョコって危険ですけどね。。。)

 

ル・コルドン・ブルー

2種類の生チョコトリュフです♪

5個入って、600~700円くらいだったかな?

 

フランスの名門ル・コルドン・ブルーがプロデュースした、有名シェフたちのコラボレーションチョコレートだそうです。

せっかくなので、シェフの顔アップで写真を撮ってみました。

どうぞ。

 

ル・コルドン・ブルー

どうですか?

「あ。この人知ってるわ~」ってシェフ、いますか??

残念ながら、私はわかりません(笑)

 

 

肝心のお味は?

トリュフ系のチョコって、硬かったり、変にねっとりしているものが多いのであんまり好きじゃないのですが。。。

これ、おいしーい!!!

 

層になっていて、いろんなチョコレートの味が楽しめます。

ロシェはちょっと甘すぎるかな~という印象でしたが、こちらのチョコレートは甘すぎず。

カカオの香りも感じられます。

トリュフにかかっているココアはほんのり酸味が感じられて、それがまた甘いチョコレートと合うんですよ~。

 

コラボ商品ってことは、限定なのかな??

でも、1粒100円ちょっとでこの味でしょ。

それだったら、もう、1粒50円のロシェ買わない!!コレ買います(笑)

ロシェ2粒食べるくらいなら、この生チョコトリュフ1つで満足♪

 

 

ル・コルドン・ブルーって?

予想以上に美味しかったので、パッケージに書いてある「フランスの名門ル・コルドン・ブルー」の存在が気になってしまいました(笑)

 

フランスの名門と言われても、ピンとこないので調べてみたところ。。。

ル・コルドン・ブルー(Le Cordon Bleu、フランス語で青のリボン)は、フランス・パリを中心に世界中で展開されている料理菓子専門学校。

“wikipedia”より引用

 

だそうです。

日本にも、全国各地にキャンパスがあるようですね。

日本校では、日本食材や日本酒、和菓子講座など独自のカリキュラムも受講できるのだとか。

 

すごいな~!!

うちの娘たち、通わないかな!? 2歳&3歳じゃ無理か。笑

 

ル・コルドン・ブルー監修の生チョコトリュフにすっかり魅了された私です♪

美味しいですよーっ!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告