フクラギって魚、ご存知ですか?

実は、よくスーパーで見かけるあの魚のことなんですよ!

フクラギは、どうやら北陸地方限定の言い方のようですね^^

 

 


スポンサーリンク

粘土で作った「フクラギ」

これは、とある日の保育園の連絡帳。

連絡帳

 

その日は粘土遊びをしていたそうなのですが、なんと3歳の長女が作ったのは「フクラギ」

他の子たちは、動物とか、ペロペロキャンディーといった可愛いものを作っていたというのに。。。

 

わが子は、魚。

それも、フクラギ!笑

 

でも、長女の一番好きな食べ物がフクラギだから仕方ないか。

粘土工作で作っちゃうなんで、フクラギ愛が強いです(笑)

 

 

フクラギ=ブリの子ども

フクラギって何?って思った人も多いと思います。

北陸地方では、ブリの子ども(35~60cm)程度のものを「フクラギ」と呼びます

関東地方だとイナダ、関西地方だとハマチという呼び方をしていますね。

 

ちなみに。

北陸地方でハマチっていうと、フクラギよりちょっと小さい魚っていうイメージが強いです。

ハマチは、フクラギより赤みが多くて、あっさりした味のイメージ。

イナダっていう言い方は、私は聞いたことがないです^^;

 

 

子どもの連絡帳が毎日楽しみ♪

長女の担任の先生は、その日あったことを細かく書いてくれます^^

家では見られない一面を知ることができるので、連絡帳を読むのが毎日楽しみです♪

(1人1人に書くのって大変だろうな~感謝!)

 

連絡帳を書くときは、文字だけだとなんだか味気なくなってしまうので、私はイラストを描くことが多いです^^

イラストの本は何冊かもっていますが、連絡帳で使いやすいイラストが乗っているのがコチラの本。

1,2,3ですぐかわイラスト

 

中身はこんな感じです。

1,2,3ですぐかわイラスト

※「押さえてあげる!」と長女がページを支えてくれています

 

保育園でよく使うイラストや、デフォルメされた可愛い動物や人物のイラストが豊富です。

真似して書くだけなので、絵が苦手な人でも可愛く描けますよ^^

 

うちの主人も、子どもにせがまれて色々な絵を描いてあげています♪

可愛いイラストの本をお探しの方は、書店で中身をチェックしてみてください♪

 
スポンサーリンク

関連記事/広告