妊娠中は、ナチュラルサイエンスのクリーム&AMOMAのマタニティオイルで妊娠線予防をしていました。

そのおかげなのか、今のところ妊娠線は見当たりません♪

 

特にAMOMAのマタニティオイルは、香りがと~ってもいいんですよ。

妊娠中ではないですが、私は今も愛用中です♪

 

 


スポンサーリンク

パッケージの違い

実は私が持っているのは、旧パッケージのものです^^;

去年だったかな?

パッケージ変更のために、すごい割引率で販売されていた時にまとめ買いしました。

 

新・旧パッケージを比べてみましょう!

AMOMA マタニティオイル

新パッケージ

 

旧パッケージは透明なボトルですが、新パッケージは遮光瓶みたいな色合いですね。

精油は酸化しやすいって聞くので、新パッケージの方が中身の劣化が少なそう^^

 

 

AMOMAのマタニティオイルのいいところ

実績があるプロの妊娠線専用レシピを商品化

産後もきれいなお腹をキープするために、お肌に潤いと弾力を与えてくれるオイルを配合しました。 日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに、マタニティアロマセラピストが妊娠線マッサージに長年実践してきた3種の精油を配合しています。独自比率で配合された精油とオイルが、妊娠中どんどん大きくなるお腹の皮膚の潤いを逃さず、柔軟性を保ちます。

”http://www.amoma.jp/product/maternity_bellyoil.html”より引用

 

合成着色料などが使用されていないのはもちろん、100%植物性の材料で作られています。

肌が敏感になりやすい妊娠中でも使えるオイルなので、安心です。

 

無印のオイルよりテクスチャーは軽めですが、保湿力は高いです。

お風呂上りにオイルを塗りこんだら、朝まで乾燥することはありません。

妊娠中のママ以外にも、乾燥が気になる女性にピッタリです。

 

 

AMOMAのオイル注意点

精油が入っているので、小さい子供に使うのはNGです。

子どもと一緒に使えるものなら、ナチュラルサイエンスの「ナチュラルマーククリーム」がおすすめです。

 

オイルなので、塗ってすぐに洋服を着るとベタベタするように感じるかもしれません。

気になる場合は、軽くタオルで押さえてみてくださいね♪

 

香りは、オレンジのフレッシュ+ほんのり甘味のあるフラワー系です。

甘い香りというより、スッキリした香りなので万人受けしやすいと思います。

興味がある方はコチラからどうぞ♪

 
スポンサーリンク

関連記事/広告