夏場の日よけに大活躍の麦わら帽子。

風通しはいいし、日よけできるし、夏場には欠かせませんよね。

 

でも、「どうやってお手入れしたらいいの?」と思っていませんか?

麦わら帽子を来シーズンも気持ちよく使うための、お手入れ方法をお教えします。

 

 


スポンサーリンク

ギョッ!麦わら帽子は汗と皮脂で汚れている!

見た目にはあまり汚れているように見えない麦わら帽子。

夏場に使った麦わら帽子をお手入れしないで片づけちゃう人、多いのではないでしょうか?

 

暑い夏場は、体はもちろん頭皮からも大量の汗をかいています

麦わら帽子を取った時に、汗で髪の毛がペタンコ。。。ってことありませんか?

その汗は麦わら帽子に染み込んじゃってますよ~。

 

特に汚れやすいのが、内側のリボン部分。

リボン部分は布なので、特に汗がしみ込みやすいです。

子どもなんかだと、汗の塩分で白っぽく粉がふいていることも。。。

 

こんな状態のまま、来年まで保管しておくと帽子の寿命を縮めかねません!!

 

 

クリーニング屋さん直伝★麦わら帽子のお手入れのコツ3つ!

この間、主人のスーツをクリーニング店に出しに行くついでに、「麦わら帽子」のお手入れのコツを教えてもらいました^^

 

1.使うたびに乾いた布やブラシで全体を拭く

麦わら帽子は、使うたびにお手入れするといいそうです。

ただし、湿気に弱いので、必ず乾いた布またはブラシでお手入れを。

毎日ササッと表面をケアしておけば、汚れは残りにくいのだとか。

 

2.リボン部分は固く絞った布で拭く

リボン部分は汗がしみ込んでいるので、お湯で濡らしてから固く絞った布で拭いてあげましょう。

拭いた後は、風通しのいいところでしっかり乾かしておきます。

 

3.長い間使わないなら、リボン部分だけ洗う

麦わら帽子は、全体を洗うのはタブーです。変形します!

しかし、長い間使わない時には、内側のリボン部分は洗っておくといいそう。

洗面器に洗濯洗剤を薄めてぬるま湯を入れて洗います。

 

この時のポイントは、リボンがギリギリつかるくらいの水面高さにすること。

なるべく麦わら帽子本体を濡らさないようにするのが、変形を防ぐコツ。

すすぎも同様に、リボン部分だけを濡らすように注意して洗います。

洗った後は、日陰で2~3日ほど干してください。

 

 

これはやっちゃダメ!!

やりがちなのが「ファブリーズ」とか「リセッシュ」といった消臭スプレー。

これ、絶対やっちゃダメです。

 

スプレーした部分がシミになります。

あと、表面に成分が残ってベタベタしたり、変色の原因にも。

 

臭いが気になるなら、風通しのいいところで陰干しが一番。

手軽だからと言って消臭スプレーを使うと、大切な帽子の寿命を縮めちゃいますよ~!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告