さて、先日購入したロッジのスキレット

主人がさっそく最初の下処理を行いました^^

 

スキレット愛用歴10年近くの私。

下処理のちょっとしたコツも紹介するので、ロッジのスキレットを買おうと思っている人は必見ですよ~。

 

 


スポンサーリンク

換気扇は強!洗濯物は退避!

買いたてのスキレットは、そのまますぐ調理に使ってはいけません。

まずは、ぬるま湯で工場出荷時の古い油を洗い流しましょう。

タワシでごしごしと洗う程度でOKです。

 

ただし、この作業はメーカーの下処理方法によって変わります。

ユニフレームだと、洗剤で洗っちゃうみたいですね。。。

今回はロッジのもの限定のやり方なのでご注意を。

 

綺麗に洗ったら水分を拭き取って、乾かします。

部屋中油のにおいが充満するので、換気扇は強にしてくださいね!

 

バーベキューの臭いっていうか、工場の油っていうか。。。これがアメリカの香りなのか? (たぶん違うと思う)
※ロッジはアメリカ製です

ちなみに、換気扇強でも半日くらい部屋の中が油臭いです。

部屋干ししている洗濯物があるなら、退避させてください!!

 

 

公式HPでも書いていないシーズニングのコツ

これはロッジのHPとかにも書いていないと思います!!

でも、やるとやらないとでは、大違いなのでぜひやってください。

 

スキレットを乾かしたら、まだ熱いうちにキッチンペーパーを使って油を塗りこみましょう。

この時の油ですが、酸化しにくいオリーブ油がオススメです。

 

本来はここまでで最初の下処理は終わりです。

でも、工場出荷時の油臭さってこれだけじゃとれないんですよ~^^;

 

ロッジ スキレット

なので、キャベツの外葉(葉野菜がベスト)をこの後に1~2回炒めます。

野菜に油臭さを吸着させるようなイメージです。

この時に炒めた野菜は、もったいないですが食べずに捨ててください。

 

 

 

スキレットは何があっても洗剤で洗うべからず!

野菜を何度か炒めたら、使い始める前の下処理は終了です!

 

スキレットが冷めてから、タワシなどで汚れを落としましょう。

その後は先ほど同様に加熱して乾かし、油を塗りこんで終わりです。

 

スキレットは、絶対に洗剤を使ってはいけません!

また、アツアツのスキレットに冷水をかけるのもご法度です。(ヒビが入ります)

 

この2点だけ注意して、毎回丁寧にシーズニング(油を塗る作業)してあげれば、スキレットはいつまでも現役で活躍してくれますよ^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告