パン屋さんで子供たちに人気のキャラクターパン。

たいていはチョコペンで顔が書いてあります。

でも、夏場はとけちゃうんですよね~^^;

しかも、食べている間にチョコがとけて、手についてベタベタ。。。なんてこともしょっちゅう。

 

今回は、「夏でも溶けない!チョコペンの代用品」をお教えします。

チョコペンを買う値段の1/10以下のお値段でできちゃうんですよ~。

 

 


スポンサーリンク

必要なのはたった3つ!?粉&ココア&お湯

チョコペンの代用品を作るために必要なのは、たった3つだけなんです!

 

<材料>

ココア 小さじ1

強力粉 小さじ1

お湯 適量

 

。。。3つっていいましたけど、お湯はタダなんで、材料2つみたいなものですよね(笑)

この3つを混ぜ合わせて、やや緩めのペースト状にするだけでいいんです。

 

お湯は、ちょっとずつ、ちょっとずつ足してください。

ゆるくなり過ぎると、色が薄くなります。

ティースプーンを使うといいですよ~!

 

「あっ!!入れ過ぎた」という時は、慌てず、入れすぎたお湯をすくって出しちゃいましょう。

私も、よくやります(笑)

 

 

あのアイテムが「ペン」に変身!?

爪楊枝

さてさて。

チョコペン代わりのベースが完成したら、次はペンの代用を探しましょう。

 

オススメは、爪楊枝。

細くてとんがっている方じゃなくて、後ろ側の太いところです。

普通なら、使われない部分ですね^^

 

その部分に、チョコペン代わりのベースを付けて、絵を描きます。

たっぷりつけると、しっかり色が付きますよ!

 

数分あれば乾きますが、念のためしばらく触らない方がいいです。

 

 

 

塗るタイミングが重要!チョコペン代わりのベースでお絵かき★

自作パンやクッキーでチョコペン使うのって、難点があるんですよね。

それは、時間。

 

チョコペンだと溶けちゃうから、パンが焼けて冷めるまで放置しないといけない。

しかも、そこから絵を描くとなると時間がかかるー!

焼き立ては食べられないし、待ち時間は長いしで、子供たちからブーイングが。。。

 

その点、チョコペン代わりのベースはとけないので、焼く前に描くことが出来ます。

時間のある時に絵を描いておく。

で、焼く。

焼けたらあとは食べるだけ!

 

しかも、ココアベースだから、焼けた後に溶ける心配もありません。

手がチョコでベタベタにならないんです^^

 

今回は、アンパンマンぱんに使ってみました。

アンパンマンぱん

発酵でちょっと失敗して、ほっぺたがズレましたが(笑)

 

アンパンマンぱん

顔の1/2の厚さで切り込みを入れれば、プチサンドにもなります。

こちらは、中身をくりぬいて「スクランブルエッグ」を隠してあります♪

 

次回は、捏ねなしで作れる「簡単パン」もご紹介したいです^^

チョコペンの代用、試してみてくださいね!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告