久々に美味しいお菓子を見つけました~!

ほんのり苦いカラメルが後引く、大人のブリュレです。

お取り寄せも可能なので、ぜひぜひ食べてみてくださいっ!

 

 


スポンサーリンク

知ってた?「ブリュレ」はフランス語

この記事を書いていて、ふと思ったのが「ブリュレって何?」ってこと。

クレームブリュレとか大好きだけど、そういえばブリュレってなんだろうと。

フランス語で「焦がした」を意味する単語。英語の「burned」に相当。

ウィキペディアより引用

 

焦がしたって意味みたいです。

上に乗った砂糖を焦がしたパリパリのあの部分が、ブリュレだったんですね!

 

全然関係ないですが、うちの長女(3歳)はブリュレが言えません。

「(ブ)リュレ」が難しいらしくて、「ブリュリュry。。ry。。。」って言ってます。

壊れたテープレコーダーみたいで面白いです(笑)

 

 

大人なアナタに食べてほしい!金澤ぶりゅれ

金澤ブリュレ

マダムシンコのマダムブリュレや、クレームブリュレは甘すぎる!という大人なアナタにこそ食べてほしいのが「金沢ぶりゅれ」。

味のバリエーションがいろいろありますが、最初に食べるべきは「大野醤油」を使った金澤ぶりゅれです

原材料は「小麦・卵・バター・素焚糖・醤油」だけ

乳化剤とか、糖類とか、入ってないんですよー!

添加物がここまで入っていないケーキって、珍しいです。

なのに、美味しい!

その理由は、原材料にとことんこだわっているからなんですね。

 

使っている卵は、能登でのびのび育った元気な卵

砂糖は、奄美諸島の素焚糖。 (白砂糖より角のない甘みが特徴です)

使用している醤油は、古都金沢で400年愛される大野醤油(大野醤油のソフトクリームとかもあるくらい定番の醤油)

 

表面はほろ苦い、甘すぎない大人のブリュレなんです。

醤油のおかげで、みたらし団子のような雰囲気もあります。

洋菓子と和菓子のいいとこどりみたいなお菓子なので、主人の両親&祖父母も大好きです。

 

 

お取り寄せしちゃおう♪金澤ぶりゅれ

金澤ブリュレ※待ちきれない長女の手が写りこんでおります。。。むっちむちー!

「金澤ぶりゅれ」は、オンラインショップからお取り寄せ可能です。

 

店頭で買う場合は冷蔵保存なので日持ちが7日と短めですが、お取り寄せの場合は冷凍状態で届くので、なんと賞味期限は90日!

3か月も保存可能なら、お客さんが来た時のために置いておくこともできます。

 

解凍したら7日以内に食べきらないといけませんが、安心してください。

その日のうちに食べきれますから! (だって美味しいもん)

 

冷凍状態で届くので送料はかかっちゃいますが、これは一度食べてみてもらいたいな~。

新幹線も開通したことですし、石川県に立ち寄った際はぜひ買ってみてくださいっ。

店頭なら、美味しい加賀棒茶とともに金澤ぶりゅれを楽しめますよ^^

 

 
スポンサーリンク

関連記事/広告