1月下旬から、全国各地で雪が降り出しましたね~。

こちらの地域では、各家の除雪機が早朝&夕方に出動しています。

※雪が多い地域なので、1家に1台除雪機所有です

 

 


スポンサーリンク

雪道の歩き方

都心のニュース映像で、雪道をヒールで歩いている女性が映ると「転ばないで~」とこちらの方がハラハラしちゃいます^^;

特に、路面が凍った時なんかは滑っちゃうので危ないですよ!

 

子どもたちが通っている保育園では、雪道の歩き方を指導しているくらいです。

  1. ゆっくり歩く
  2. ペンギン歩きをする
    ※足裏全体をつけて歩く&歩幅を小さくするということ。バランスがとりやすいです
  3. ジャンプしない 
    ※・・・注意しても跳びますけどね。

 

 

雪道を歩くならスノーブーツ♪

滑りやすい雪道を歩くには、スノーブーツに限ります^^

裏面がラバー素材になっていて、ジグザグに深い模様が入っているものだと滑りにくいのでおすすめです。

ちなみに、底の模様は「ギザギザ模様」がポイントですよ~。

深い模様が入っているだけだと、反対に雪がつまって歩きにくくなっちゃうので。

 

祖父は、靴裏にトゲトゲの鋲がついたスノーブーツを愛用しています。

ツルツルに凍っている道も、鋲がガッチリ刺さってくれるので、滑らないそう。

見た目が「THE お父さんの長靴」なので、私は履きませんけど。。。(笑)

 

 

スノーブーツの悩み

ブーツを履いて歩いていると、靴下がどんどん下がってきて、最終的には足の裏のところでグチャグチャになってるってことありませんか?

スノーブーツに限らず、普通のブーツでもよくありますよね。

 

スノーブーツは比較的ゆったりしたつくりなので、あまりフィット感がありません。

これは私の予想ですが。。。歩くたびにかかと部分の靴下とブーツがすれるので、その摩擦で脱げてくるんじゃないかな~と思います。

 

で、懐かしアイテムを使ってみました。

コレです。

ソックタッチ

ソックタッチ(笑)

ミニスカートに紺ハイソックスが定番スタイルだったんで、高校生の時に毎日使ってたんです^^

 

ふと思い出してAmazonで買ってみたのですが、高校生の頃と同じものが売っていました。

青・黄・ピンクと3色あるのですが、どれも強度は同じだったと思います。

 

 

ソックタッチ

説明書きによれば、肌にソックタッチをつけて靴下を履くことになっていますが。。。

私はノリでかぶれちゃうことがあるので、直接つけません。

私みたいに敏感肌の人は、靴下のはき口の内側にソックタッチをつけるといいですよ♪

 

ソックタッチを使うと、びっくりするくらい靴下が脱げにくくなります

長靴とかブーツの中で靴下が脱げちゃうという人、ぜひ試してみてくださいね。

 
スポンサーリンク

関連記事/広告