料理大好き、食べるのはもっと大好き!の私。

高校生のころから鉄製スキレットを愛用している私が、スキレットの魅力をお伝えしちゃいます♪

 

残念ながら、当時から愛用しているスキレットはIH非対応だったため、新居に引っ越してきてからはスキレットの出番はありませんが。。。

(IHコンロにガス対応コンロがついているのですが火力が弱くて。。。)

 

最近はIH対応のスキレットが増えてきているので、再び購入しようかと検討中です^^

 

 


スポンサーリンク

スキレットはオシャレ!

スキレットは、今流行の「くっつかない加工(テフロンやセラミック)」がされていない、鉄製のフライパンです。

鉄製なので、真っ黒で、重厚感のあるフォルムです。

ハンバーグやオムライスなどの定番料理も、スキレットで調理してそのまま食卓に並べるだけでオシャレなCAFÉ風になっちゃうからスゴイですよね。

 

スキレット

フライパンで焼きっぱなしのパンケーキも、なんだかオシャレに見えません?

 

 

スキレットはお手入れ大変?

くっつかないフライパンに慣れている人にしてみると、「鉄製だと後片付けが大変じゃないの?」って思うかもしれません。

たしかに、テフロンのフライパンよりはお手入れに手間がかかります。

 

でも、ご安心を!

スキレットは、使い始める前のお手入れ&毎日のお手入れ方法次第では、焦げ付きを抑えながら長く愛用できます♪

現に、高校生時代に私が使っていた5000円程度のスキレットは8年近く現役だったのですから^^

 

ちなみに、スキレットのお手入れに関してはこちらのサイトがわかりやすくまとまっていますよ~

 

 

 

スキレットを初めて買う人に試してほしい料理TOP3

1.ハンバーグ

2.餃子

3.パンケーキ

 

この3つの料理は、スキレットで調理してそのまま食卓に並べるとオシャレ度UP

アツアツが食べられるのも嬉しいですよね~。

ハンバーグは、付け合せも一緒に焼いちゃうので洗い物も減って主婦は大助かり^^

 

私が買った当時は、外国産のスキレットが主流。

まだ流行していなかったこともあって、スキレットの価格は5,000円が相場だったと思います。

 

でも、最近はスキレットが注目されていることもあって、1,000円以下で買えるものが数多く販売されているようですね♪

ニトリなんて、15㎝498円!

小皿を買うような価格でスキレットが買えちゃうんですね~。驚き!

 

私も、IH対応スキレット探してみようかな~

 
スポンサーリンク

関連記事/広告