子供用の前かけをどうやって片づけようか迷っていた時、「トイレットペーパーの芯を使う収納方法」を発見!

さっそく試してみましたー!

 

が!!大問題発生。

 

皆さんにもお伝えしたかったので、写真付きでご紹介します。

 

 


スポンサーリンク

トイレットペーパー収納の方法

手作りまえかけ

今回収納するのは手作りの前かけ。

前かけなんて、買った方が安いんですけど。。。

うちの子供、首が太すぎて市販の前かけだと苦しそうだったので、手作りしました^^;

 

トイレットペーパーの芯

こんな感じで、半分に切ったトイレットペーパーの芯部分に入れていきます。

前かけをクルクル丸めて、芯の部分に入れるだけなので手間なし、簡単です。

 

 

大問題発生

これ、見てください。

トイレットペーパーの芯に収納して、2日後の前かけです。

手作りまえかけ

 

なんか、シワシワですよね(涙)

もしかして、日がたつほどにシワシワ度合いが深く刻まれてしまうのでは。。。と思って、1週間ほど入れっぱなしにしてみました。
(もはや、実験です)

 

そして、こちらが1週間後の前かけ。

手作りまえかけ

もう、シワが刻まれ過ぎて、修復不可能な形に!!

子供が、この前かけを見て「ゾウサン!!」と大喜び(笑)

確かに、真ん中に鼻らしきものが出来ちゃってますね。

※形は一切いじっていません。出したら、この状態でした。

 

 

どうしてこんなシワシワになったのか?

シワシワの原因を考えてみました。

・前かけの素材がシワになりやすい

・トイレットペーパーの芯が小さい

 

たぶん、この2つだと思います。

 

エプロンを平たく伸ばして、半分に折りたたんでからクルクルと巻いていくのですが、トイレットペーパーの芯が小さくてギュギュ!!と押し込む形になるんです。

押し込んだ時にシワになっちゃうのかもしれないですね。

あとは、綿素材だからシワになりやすいのも原因の一つかなぁ。

 

とはいえ、こんなにシワシワになったら、使えませんー^^;

1回全部洗って、今まで通り二つ折りにして引き出しにしまいました。。。

うーん、二度手間だった。

 

トイレットペーパーの芯に収納するなら、シワになっても困らないものに限定したほうがいいですよ~!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告