3月になって梅の花が咲き始めた頃から、杉の木が真っ赤な花粉をつけていますね。。。

花粉症で、目も鼻もかゆくて涙が止まらない!!という人も多いのではないでしょうか?

今回は、調剤薬局で教えてもらった「花粉症に効く市販薬の選び方」を皆さんにもお伝えします!

 

 


スポンサーリンク

100年杉に囲まれた結果。。。

私の住んでいるところは山手なので、家の周りに杉の大木が至る所にあります。

樹齢100年を超えるものも多々。

そのせいなのか、義父をはじめご近所さんにはスギ花粉で悩んでいる人が多いです。

 

でも、樹齢100年を超えるということは先祖の代から大切にされてきているもの。

義父もご近所さんも、家の周りに出た時が一番症状が辛いと言いますが、「花粉症がひどいから切ってしまえ!」というわけにはいかないみたいです^^;

 

外に干すと花粉がびっしりつくので、洗濯物は室内干しです。

干すスペースがなくて、子供のジャングルジムでシーツを干しています(笑)

室内干し

 

 

薬剤師おすすめ★眠くならない市販薬

調剤薬局で花粉症について相談していた時に、教えてもらったのが市販薬の選び方

眠くなって仕事に支障が出るって人、多いですよね。

 

最近は、眠気が出にくい内服薬が販売されているそうですよ~!

それが、エスエス製薬の「アレジオン20」

アレジオン20は、医療用と同量のエピナスチン塩酸塩を1錠あたり20mg含有。くしゃみ、鼻水にすぐれた効果を発揮します。第2世代抗ヒスタミン成分なので、眠くなりにくいアレルギー性鼻炎内服薬です。

1日1回、就寝前の服用で1日長く効きます。なお、花粉などの季節性のアレルギー性鼻炎症状に使用する場合は、花粉飛散予測日または症状が出始めたら早めに服用すると効果的です。

参考URL”http://www.ssp.co.jp/product/all/alesion20/”より引用

1日1回、就寝前に飲むだけでいいなんて楽ですよね。

私が今まで飲んでいた市販の内服薬は1日3回だったのですが、タイミングによって飲めないこともあったので、1日1回というのは嬉しい!

 

 

薬剤師おすすめ★喉が乾きにくい市販薬

それともう1つ教えてもらったのは、のどがカラカラに乾きにくい内服薬

久光製薬の「アレグラFX」です。

抗ヒスタミン薬を服用すると、だ液の分泌が少なくなって、口が渇くことがあります。アレグラFXは、第2世代の抗ヒスタミン薬のため、だ液分泌への影響が少なくなっています。さらに、だ液の分泌を減らす副交感神経遮断薬(抗コリン薬)も配合されていないため、口が渇きにくいのです。

参考URL”http://www.allegra.jp/index.html”より引用

大野君がCMしているやつですね。

私の場合、眠気というよりも喉の渇きがひどいのが悩みなので、個人的にはコチラが気になります。

 

スギ花粉は平気なのですが、イネ花粉は症状がひどい私。。。

これからやってくるイネ花粉の時期に備えて、市販の内服薬をどれにしようか検討中です^^

 

すでにスギ花粉で悩んでいる方も、あと少し。。。

内服薬を使いながらなんとか乗り切りましょう!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告