スキレットが我が家に来て1か月以上。

スキレット担当の主人が、毎週末何かしら料理を作ってくれています^^

その中から、子供に人気の「ダッチベイビー」をご紹介します!

 

 


スポンサーリンク

なぜ?発祥と由来の国名が違う!?

スキレットを持っている人なら一度は必ず作るであろうレシピが「ダッチベイビー」。

ダッチベイビーは、オーブンを使って焼き上げるドイツ風パンケーキのことです。

 

ダッチベイビーの発症は、今から60年以上前にアメリカの老舗のパンケーキ店

その店では、ジャーマンケーキという名前でとても大きなサイズのパンケーキを作っていたそうなのですが、パンケーキ店の2代目オーナーがそれを小さくしたサイズにリニューアルして販売。

 

ドイツの隣でドイツより小さいオランダの名前から「ダッチ」、小さいサイズでリニューアルしたので「ベイビー」。

発祥はアメリカ、名前の由来はドイツとオランダというなんともユニークな名前です。

そして、ダッチベイビーという名前が誕生したというわけです^^

 

 

サクサクふわっ♪が魅力のダッチベイビー

基本の分量で作った生地の周りはサクサクのシュークリーム風、中央の生地はクレープを重ねたようなしっとりふわふわした食感です。

生地自体にはほんのり塩気がついている程度なので、甘いトッピングをしてスイーツ系にするもよし、サラダをトッピングして食事系にするもよしと応用力抜群のパンケーキです。

 

 

これさえ覚えればOK!基本のレシピ

<材料>6.5インチスキレット1台分

・薄力粉 38g

・牛乳 50g

・卵 1こ

・塩 小さじ1/8

・甜菜糖 小さじ1/4 ※グラニュー糖の方が膨らみがいいです

・バター5~8g

 

<作り方>

  1. オーブンを220℃に予熱しておく。薄力粉はふるっておく。スキレットは直火にかけて熱しておく。
  2. 薄力粉と塩、甜菜糖をボウルに入れて泡だて器で混ぜ、中央にくぼみを作る。
  3. くぼみに牛乳を加えたら泡だて器でしっかりと混ぜて、ときほぐした卵を加えてさらに混ぜる。
  4. しっかり混ざったら、スキレットにバターを熱して一気に生地を流し込む。すぐに予熱したオーブンを200度に下げて、15分焼いたら完成!

 

 

バターの香りがたまらない!ダッチベイビーは焼き立てが最高!

焼き上がりは、こんな感じでプクーッと膨らみます。

ダッチベイビー

。。。が、冷めると膨らみは落ち着きます^^

ダッチベイビー

 

サラダ系トッピングや、アイスクリームなどのスイーツ系トッピングをするときには十分に冷ましましょう^^

 

一番おいしいのは焼き立てにバターやレモン汁!

子供たちは、何もつけないでバクバク食べます^^

 

「お父さん、ダッチベイビー作ってー!!」と週末おねだりされて、主人もまんざらではなさそうです♪

 
スポンサーリンク

関連記事/広告