前回ご紹介したパン耳を使った「とろとろグラタン」

今回は、子供でも食べやすいカップサイズで焼いてみました^^

パン耳がお皿代わりにいなってくれるので、食べやすいですよ~!

 

 


スポンサーリンク

たったこれだけ♪子供がこぼさなくなるポイント

パン耳グラタン

あのときにはパウンド型に生地を流し込んで大きく焼きました。

が!!

焼き立ては中身が柔らかくて子供の洋服が大変なことになっちゃうのです^^:
※大変なこと・・・グラタンが顔につく(本人は気にしない)、洋服がホワイトソースまみれ(これも本人は気にしない)、食べようと思って手で持ったらホワイトソースが落下そして号泣、なぜかホワイトソースを私の服につけてくるetc

 

子供が大好きなので「また作ってー!」とリクエストされるのですが、ご飯の時のあの様子を思い出すと、なかなか作る気にはなれない(笑)

そこで、こぼしにくい方法はないかな~と思って作ったのが今回のカップ式グラタン

 

なんか自分が考え出したみたいに言ってますけど、パン屋さんの惣菜でよくありますよね(笑)

いわば、それのマネ応用です。

作ってみたら食べやすかったので、我が家で大HITです。

 

 

分量を1.5倍にすれば5~6人家族でもOK★

基本的な材料は前回と同じです。

記事はコチラから。

今回はベーコン→ウインナー、野菜はほうれんそうと玉ねぎと使いました。

 

パウンド型1台分の分量で、直径9㎝のココット型4個分が作れます。

我が家は4人家族なので、バッチリです。

5人家族や6人家族の方は、レシピ分量を1.5倍にして作ってみてください!

調理時間はほとんど変わりませんのでご安心を^^ (あ、材料切る時間は少し増えるかな)

 

 

簡単綺麗に作るコツは「レンジ」

1.ホワイトソースを鍋で作っておく。

2.オーブンを220度に予熱する。

3.パンの耳は、お皿に乗せてラップなしで20秒チン!このひと手間で、パンが柔らかくなって型に敷き詰めやすくなります

4.ココット型にむりやり押し込みます。型1個につき、薄切りのパン耳(8枚切りくらいの厚さ)1枚です。パンが抵抗してココット型から出てこようとしますが、ここは無理やりにでも押し込んでください。ソースを流し込んだらおとなしく型に収まってくれるので心配いらないです。パングラタン

5.ここにホワイトソースを流し込んで、とろけるチーズを乗せて15分ほど焼いたら完成です。パングラタン

 

焼けたら、ココット型からきれいに外れます^^

型に生地がくっついたりしないので、洗い物も楽です。

わざわざホワイトソースを作らなくても、余ったシチューにとろみをつけて使ってもOK

ぜひ試してみてくださいね~!

 

 
スポンサーリンク

関連記事/広告