今回ご紹介するのは、セリアで見つけた「ランチョンマット」

これは買う価値ありですよー!

柄のラインナップ、素材の厚み、洗濯した感じなど、実際に使ってみたからこそ分かる使用感をお伝えしていきます^^

 

 


スポンサーリンク

手作りランチョンマットは1枚167円!!

今までは、手芸屋さんで布を買ってランチョンマットを手作りしていた私。

でも、可愛い布って1mあたり1000円以上することがほとんど。

1枚当たりのランチョンマットのサイズを30×40cmだとして、1m買っても6枚しかランチョンマットは作れません。

つまり、ランチョンマット1枚当たりの値段は167円
(同じ柄のものが6枚できちゃうし。。。)

 

それでも、雑貨屋さんで見るランチョンマットって1枚500~1000円くらいするから、手作りしたほうが安いと思い込んでせっせと何枚も作ってました^^;

 

 

ショック!!作るより断然安いセリアのランチョンマット

休日にセリアに行った時に、何気なくキッチン用品コーナーを振り返った時に、ついに見つけちゃいました。

 

ランチョンマット!!

100円均一によく行く人にとっては常識かもしれませんが、ランチョンマット=雑貨屋で買うか手作りするものと思っていた私はビックリ

 

しかも、結構種類があるんですね~。

20種類近くあったと思います。

自分で作ると、1枚の布から何枚も同じ柄のランチョンマットが出来ちゃうので、セリアだと色々な柄を揃えられることに魅力を感じます♪

 

 

一押しは綿素材!絶対買うべきランチョンマット♪

実際に買ったのがこの8枚です。

セリアランチョンマット

オレンジ色のものは麻っぽい柔らかめの素材で、その他は綿100%のしっかり厚みがある素材です。

 

裏側はこんな感じ。

セリアランチョンマット

淵の処理だけなので両面使えませんが、生地自体がしっかりしているので1枚仕立てでも十分です。

縫合が斜めになっていたりしたものもありますが、許容範囲内かな。

 

ただ、ちょっと気になったのがタグがついていた部分の穴

こんな感じで、クッキリ残っちゃってます。

セリアランチョンマット

広げると二か所に左右対称に点々。。。とついてるので、チープ感が否めない。

洗濯すれば気にならなくなるかな~と思いましたが、変化なしでした^^;

 

そうそう。

麻素材のものは、洗濯後アイロンなしでも綺麗でしたよ。

綿素材のものは、シワになりやすいですね。

干す時に手でしっかり伸ばしてあげたとしても、アイロン必須です。

 

アイロンが面倒な人は「麻素材」を検討してみてくださいね^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告