高校生の頃から続けている習慣の一つ、食後のレモン水

防腐剤不使用の国産レモンって高いので、いかに無駄なく絞りきるかにこだわってきました!!

 

今回は、レモン絞った歴10年近くの私が「道具なしでレモンを絞る方法」をお教えします

 

 


スポンサーリンク

ダイエット成功の陰に夜レモン

産まれてから高校入学までぽっちゃり人生だった私ですが、今では普通体型です。

極端な食事制限や運動をせずに痩せたのですが、その陰には「レモン水」の効果があったのではないかと思っております。

 

レモン水を夜に飲み始めたきっかけは、綺麗な女優さんのインタビュー記事か何かだったと思います。

「体型と美容の維持?え?何もしてないんですよ。続けているのは夜にレモン水を飲むことぐらいかな」

みたいな記事です。

よく見かけますよね、この感じ。

 

「何もしてないのに、こんなきれいな体と美貌は維持できんやろー!!」と内心思いつつも、こっそりレモン水を飲むことを実践したわけです(笑)

 

食後にレモン水を飲むと胃がスッキリして、「もっと食べたい」が抑えられるんです。

口の中がさっぱりするので、甘いスイーツで〆ようとも思わない。 (偉そうに言っておきながら、ついさっきアイス食べたけど。)

レモン水を飲むことで痩せたというより、レモン水を飲むことで食欲が抑えられたという感じですね^^

 

 

究極!これがレモンの「絞り方」

レモン

毎日続けるとなると、レモン代がばかになりません。

高校生の私がお小遣いを削ってまで買っていた国産レモン。。。いかに無駄なく絞るかが勝負でした。

 

一番手間なく、無駄なく絞れると実感したのがこの切り方です。

まず、レモンを縦半分に切ります

この後、半分になったレモンをくし切りにする感じで、縦に2~3等分して切ります

これだけです。

カラアゲとかに添えられているレモンって、こんな感じですよね。

 

レモンって横半分に切ってレモン絞り器を使って。。。ってイメージがあると思いますが、道具を洗うのが手間です。

あと、今回ご紹介した方法と絞れる量がほとんど変わりません!

 

ちなみに最も無駄が多いのは輪切り

手で絞っても絞りきれないし、箸をさしてグニーッと曲げても絞りきれない。

 

手間なく無駄なく絞りたいという人は、ぜひ、カラアゲに添えられたレモンっぽく切ってみてください!

色々試したけど、これが一番だと思います^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告