こんな季節におでん!?と思われるかもしれませんが、この季節だからこそおでんをご紹介します

その理由は後程。。。

 

今回ご紹介するのは、セブンイレブンの関西風「さっぱり昆布だしおでん」です^^

 

 


スポンサーリンク

なぜ今なのか!?いえいえ、今だからこそ「おでん」なんです!

4月からの新生活でドッと疲れがたまり、それが表に出てくるのがちょうどこの頃。

慣れない環境、人間関係、飲み会続きで胃はお疲れモード。

 

そんな疲れた体&胃を休めるために、おでんはオススメです。

 

しかも、1回作ってしまえば2日くらい日持ちします!

余ったおでんの出汁は冷凍もできますし、アレンジもききます! (カレーうどんにすると、和風で美味しい!)

まさに主婦の味方^^

 

そうそう。

私は、つわりがひどい時は冷やしおでんを食べていた時期もありました^^;

アツアツのおでんを冬に食べるのもいいですが、冷やしたおでんというのも結構オツですよ~。

 

 

衝撃!コンビニおでんの味

実は、私、コンビニのおでんデビューはセブンイレブン。

しかも、2016年の3月。ついこの間ですね。

 

3月半ばだったのでローソンはおでんの取り扱い終了していましたし、セブンイレブンも一部店舗のみの取り扱いという時期です。

 

コンビニのおでんなんて美味しくない、と思っていた私。

食べてびっくり。

薄味で、昆布の出汁がきいていて美味しいじゃないですか~!

今まで食べなかったことを後悔!

 

また食べたい!と思った時には、唯一取扱いのあったセブンイレブンも販売終了でした。悲しい。。。

まぁ、九州地方では桜の開花宣言がされていた時期ですから、冬の風物詩おでんがなくなるのは仕方ないことなのですが^^;

 

 

再現!セブンイレブンの関西風おでんのレシピ

そこで、自分であの味に近づけたい!と試行錯誤して、レシピを完成させました。

ちなみに、セブンイレブンのおでんの味は地方によって違うようです。

 

私の住んでいるところは関西風の味付け。

つゆに入れる昆布は真昆布のみで、塩ベースのさっぱりしたおでんです。

今回目指したのも、この関西風の味付けです^^

 

 

こだわりの材料はコチラ

<材料> 4人分

水 1.5リットル

真昆布 20㎝×10~15cm。多めくらいがちょうどいい

荒削り鰹節 30g

 

薄口醤油 大さじ2

みりん 大さじ2

日本酒 大さじ2

塩 小さじ1~2

 

※具

大根、こんにゃく、練り物、茹で卵など

 

 

<作り方>

1.水1.5リットルに昆布を半日ほどつけておく。火にかけて、鍋の淵がフツフツしてきたら昆布を取り出して、鰹節を加えて1~2分煮る。塩ベースおでん

塩ベースおでん※このだし専用削り節、安いのに濃いだしが出ます。

2.鰹節をこしたら、だし汁完成。このうち、おでんで使うのは1リットルです。

3.大根は、取っただし汁のうち0.5リットルを使って下ゆでします。このひと手間で味しみがUP!!

4.あとは、普段通りおでんを作るだけ。調味料ぜんぶをだしに入れて沸騰直前になったら火を弱め、大根、こんにゃくなど練り物以外の材料を投入します。このまま蓋をして1時間は煮込みましょう。塩ベースおでん

5.煮込んだら、練り物を入れて5分加熱。※練り物は最初から煮ると味が抜けて美味しくありません。

6.火を止めて冷まします。

7.食べるときは、完全に冷めてから再加熱してください。そうすることで味がしっかり沁みますよ♪冷たいおでんにしたい場合も、冷めてから再加熱→あら熱取る→冷蔵庫と手順をふんでください。

 

 

おでんを食べたい日の前日から昆布を仕込み、煮込みは朝すれば、夜には美味しいおでんが食べられます♪

薄味で幼児も食べやすいので、試してみてくださいね~^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告