綺麗に整頓された部屋は気持ち良くて大好きなのですが、大掃除は苦手な私。

我が家は、毎日の掃除が簡単にできるように、床には物を置かない、机の上には物を出しっぱなしにしないをモットーにしています。

「綺麗好き」と言われることも多いですが、大掃除したくないという理由で、毎日ちょこちょこと掃除しているんです^^;

排水溝のドロドロとか、台所のギトギト油とか・・・考えただけで、逃げ出したくなります(笑)

 

今回は、よく利用するダイソーの端切れで作ったトイレの目隠しカーテンをご紹介します。

激安で作れますよ〜。

私はかれこれ3年くらいこの方法で作っています^^

 

 


スポンサーリンク

トイレの目隠しカーテンの中は、こんな感じ

我が家のトイレは、便器は淡いピンク色ですが、壁と天井は白っぽいです。

床に物を置きたくない主義なので、床にはスリッパしかありません。

そのため、ストックのトイレットペーパーや掃除道具は、このカーテンの中に隠しています^^

中身

ちなみに、トイレブラシは2年前に捨てました

安心して下さい。掃除してますから(笑)

トイレブラシを使わなくなって2年たちますが、我が家の便器は綺麗です!!(笑)

だって、トイレブラシって、毛や汚物がついていて臭うじゃないですか。

頻繁に洗うわけにもいかないし・・・。

ちなみに、便器内の掃除は、使い捨てのゴム手袋を使って、毎日ボロ布でササーッと便器内をこするだけです。

毎日掃除すれば、汚れがこびりつかないので、ブラシでゴシゴシする必要がないですよ^^

 

 

目隠しカーテンの道具&材料は?

目隠しカーテンづくりに必要な道具&材料をご紹介します。

材料費はダイソーグッズなので初期費用は300円!(税抜)

<材料>

・ダイソーの端切れ
※厚めの綿素材がベスト!ガーゼ、コットン素材は柔らかすぎてヨレヨレに見えます。

・ダイソーのすそ上げテープ
※布と同系色がベスト!伸縮性のないタイプがおすすめです。

<道具>

・ダイソーのつっぱりポール

・布切ばさみ

・アイロン

 

 

作り方はコチラ♪

1.布を切る
実際に取り付けたいカーテンの横幅の長さよりも、ひとまわり大きく布を切ります。

縦の長さは、カーテンの長さ+8~10cmくらいを目安に。

2.布の端を処理する

布のすべての辺の端を1.5~2cm内側に折ります。

内側に折った部分の布は、裾上げテープで固定します。

裏の処理

↑茶色の部分が、裾上げテープです。

3.つっぱりポールを通す「輪」を作る

布の上を折って、つっぱりポールを通せる幅の輪を上部に作ります。

ポールが3本余裕で入るくらいの幅の輪を作っておくと、ポールを通すのが簡単です。

折った部分の端を裾上げテープでアイロン粘着して固定すれば完成♪

 

目隠しカーテンの作り方はいろいろなサイトにありますから、そちらを参考にするとわかりやすいと思います^^

ちなみに私が参考にしたサイトは、こちら

 

私の方法は、ミシンで縫うべきところを「裾上げテープ」で固定しているだけ。

ミシンで縫うと大変だけど、アイロンで粘着するだけなら簡単でしょ^^

 

子どものお昼寝中に30分もあればできちゃいます!

私は、気分や季節ごとに布を変えて楽しんでいますよ♪

100円の端切れなので、コストもかからず経済的です^^

 
スポンサーリンク

関連記事/広告