今日は、オススメの子供用絵本を紹介したいと思います。

3か月くらいの赤ちゃんから読めるものなので、初めて買う絵本にもオススメですよ~

 

 


スポンサーリンク

3か月の赤ちゃんも大喜びな絵本

どんどこももんちゃん
「どんどこ ももんちゃん」(とよたかずひこ作、童心社)

 

ももんちゃんというオムツ姿の可愛い赤ちゃんが、どんどこどんどこ進んでいくお話です。

どんどこどんどこ走って、どんどこどんどこ川を渡って、どんどこどんどこ山を登る。

そんなに急いでどこに行くのかな?と微笑ましくなる絵本です^^

 

この絵本、お母さんからも結構人気があるんですよね。

多分、主人公のももんちゃんが我が子とリンクするからじゃないかなぁ~?

 

ももんちゃんって、男の子とも女の子ともとれる見た目なんです。

で、オムツ一丁で、赤ちゃんらしいぷっくりお顔。

シンプルな顔なこともあって、「うちの子みたい!」って感じるお母さんが多いみたいです♪

 

 

盗作疑惑!?長女が描いた似顔絵

それを裏付けるのが、長女が描いた次女の似顔絵。

3歳になりたての頃に、1歳の次女を描いたものなのですが可愛いので大切に保管しているんです^^

コチラです。

似顔絵

特に、左側がももんちゃんソックリなんですよ~。

 

比べてみますね。

どんどこももんちゃん

ほら。

似てるでしょ。

 

ももんちゃんを見て描いたのかと思うくらいソックリです。

もはや、盗作疑惑です(笑)

 

 

まだまだある!オススメのももんちゃん絵本

今回ご紹介したももんちゃんの絵本ですが、実は他にもいろいろなシリーズが発売されています。

 

「ももんちゃんどすこーい」

「すりすりももんちゃん」

「ももんちゃんのっしのっし」

「ごくらくももんちゃん」

「ももんちゃんえーんえーん」

などなど。。。

まだまだたくさんあります。

 

長女のお気に入りは「ごくらくももんちゃん」。

ももんちゃんがお風呂に入っていると、「はい、しつれいしますよ」と金魚が入ってきて、次にサボテン、最後にはオバケまで。。。というお話。

 

「いいゆかげんですねえ」

「あー、ごくらくごくらく」

というフレーズが繰り返し出てくるのですが、このフレーズが面白いらしく、何度読んでも大爆笑です。

お風呂で言ってあげると、ゲラゲラ笑います。

 

ももんちゃんシリーズは全部読んだことはないのですが、オススメのものがあったらまた紹介しますね♪

紹介していたら、久々に読みたくなってきました~!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告