みなさんは、医療費控除の申請をしていますか?

 

我が家は、昨年初めて医療費控除の申請を行いました!

次女を妊娠した頃は出血があったため、安定期まで毎週産婦人科で検診してもらわなければいけなかった私。

母子手帳を交付してもらってからは公費で検診できますが、それまでは実費なんですよね~^^;

検診で1回2,000~5,000円かかっていたので、その検診代だけで5万円以上!!

加えて、主人が腰を痛めて接骨院に通ったりと、医療費の総額は結構なものに・・・。

 

 


スポンサーリンク

医療費控除って何?

医療費控除というのは、年間の医療費が10万円(所得200万円以上の場合)を超えた場合に、医療費の一部を所得税から差し引いてくれるというもの。

申請者1人分の医療費だけではなく、家族の分の医療費を合わせて申告できます

 医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

    (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

    (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  2. (2) 10万円
    (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

”http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm”より引用

 

 

医療費控除の申請はいつすればいいの?

確定申告を行っていない会社員の場合は、医療費がかかった翌年の1月1日から5年間受け付けてくれます。

 

2015年にかかった医療費は、2016年の1月1日から申請できるという事です。

5年もあるから、と後回しにしているとうっかり忘れてしまう事も多いので今から申告準備をしておくといいですよ~^^

 

 

医療費控除はいつ振り込まれるの?

医療費控除で申請した還付金は、申請した銀行もしくはゆうちょ銀行の口座あてに、約1か月後に振り込まれます。

ちなみに、私は昨年の2月末に申告して、4月頭に還付金が振り込まれていました。

もっと時間がかかるものかと思っていましたが、1か月やそこらで振り込まれるのは嬉しいですね^^

 

 

市販の風邪薬も医療費控除の対象になる!

医療費控除=医者で診てもらった時にしか対象にならないと思っていませんか?
(私は、市販薬は×だと思い込んでいました・・・。)

実は、ドラッグストアで購入した「風邪薬」などの市販薬も医療費控除の対象になります。

 

ただし、領収書やレシートがない場合には申請できないのでご注意を!

「この市販薬は申請できるかな?」と迷ったら、とりあえずレシートは保管しておきましょう!

 

我が家は、医療費のレシートや領収書をうっかり捨ててしまわないように、「領収書用のA4封筒」を引き出しに入れています。

家族にも協力して入れてもらうようにすれば、うっかりなくしてしまう事がなくなりますよ^^

 

詳しくは国税庁のHPに書かれているので、「これは対象?」と気になるものがあればチェックしてみて下さいね!

 
スポンサーリンク

関連記事/広告